原因不明の皮膚炎になってしまう場合のアトピー原因

原因不明の皮膚炎になってしまう場合のアトピーというのがたまーに発生することが人生で幾度かあります。

全身の場合もあれば、指一本に帯状疱疹から始まり、感染症かと思っていたらそこからどんどん広がるなどの事も。

ずっと食べ物や肌に触れるモノを疑っていたのですが、食べ飲み物、水、衣類の洗剤など・・・なかなかみつかりません。

有るとき気づいた原因で大きかったものがあります。
それが、マスクを超えてくる外気と、干した布団の外気。

住んでいた地域がスギ花粉類には縁遠く、また本人もスギ花粉にアレルギーが皆無の為、加えて真冬などに干していた布団やマスクでも発生するために、それらが原因ではありませんでした。

布団については、雨の直後や湿った日に干してもすこし該当するので、ほぼ外気と特定ができ、布団乾燥機などを使うことで、完全に和らぎました。
同様の原因でお悩みの方には、専用クリーナー類のようなものもおススメです。

またマスクについて、中にぬれマスクを1枚格納できるタイプなどが良く売られていますが、これの効果は絶大。
大気中の何が原因かはわかりませんが、現在では、かなりこの方法で防げるものも多くあります。
アトピー完治の階段
他に、室内全体を湿らせておくなどもあるのですが、やはり結露なども心配なので、すきずきかなあとはおもいます。

他にも同様の症状を家族が患っていた時に、湿度の高い環境を好む鉢花などを多数育てるようにしたことで、室内に高湿度の領域が生まれたら、それによるダストや原因物質の低層面への落下などが見られ、皆の症状が軽くなったことなどもあります。

薬で空気を殺菌する前に、湿度コントロールでようすをみてみることがおススメです。

続きを読む

なかなか収まらない大人のアトピーはセラミド入り化粧品で乾燥を予防する事から始めよう!

完治が難しいとされるアトピー性皮膚炎は、小さい子供だけでなく大人になってからでも発症するケースが多く、国民の7,8人に1人は悩んでいる高確率のデータ結果が出ています。
もし周期的にアトピーの症状が出て悩んでるなら、出来るだけ早く根本の原因を明確に突き止め、生まれつきの体質で起こってるのか、それとも部屋の中に飛散するホコリや植物の花粉など空気中のアレルゲン物質の刺激で起こってるのか正しく判断する事が大切です。
特に大人になって発症するアトピーは、慢性的な水分不足による肌の著しい乾燥や、摩擦力が強い洗顔やスキンケアのし過ぎで起こるものが多く、心に些細なストレスを抱える事でも症状をエスカレートさせる原因になります。
そこで、アトピー性皮膚炎を適切に治療する上でカギになる保湿成分として是非知識に入れておきたいのがセラミドです。
セラミドはしつこい痒みや赤い炎症を鎮める作用があるだけでなく、十分な水分を角質に補いつつも長時間損なわずに保持する力があります。
セラミド入りの基礎化粧品で代表格なのは、医薬品メーカーから販売されてるキュレルやヒフミドがありますが、特にこの2つのブランドは人間が本来持ってるヒト型由来ですので、肌に対して殆ど刺激がない上にテクスチャーもベタ付かないのでお手入れが抜群にしやすいです。
従ってアトピーを繰り返し発症して困ってる人は、一度手持ちの化粧品に表示されてる成分表を見直し、肌に優しい保湿剤の役割を果たしてくれるセラミドを日々のスキンケアに取り入れてみる事をお勧めします。

続きを読む

私のアトピー体験から感じたこと

みなさんも結構多くの人がアトピー性皮膚炎で困っている人は多いと思いますが、私もそうでしたが意外と多くの人はアトピー性皮膚炎に自分が
どうしてアトピーになってしまったのかしっかりその原因を把握していないために適切な対処ができずにアトピーが治らないという事もあると思います。

まさに私はそうでした。私も最初は自分がどうしてアトピーになっているのかはっきりその原因が分かってませんでした。
ですが、後になって自分がどうしてアトピー性皮膚炎になったのか分かりました。

それは私の脂性の肌が原因でした。それで脂性の肌であるにもかかわらずこまめに肌を洗浄していなかったために肌が荒れて
アトピーになっていた事が分かりました。ですから、みなさんも自分がアトピーになっている原因は本当に何かという事をしっかり
把握した上でアトピー対策をされる事をおすすめします。

少なくとも私は自分の体験からアトピーになる要因はひとつではなく、体質的な事もあれば食べ物や環境によって
もアトピーになるのでみなさんも自分がどういう理由で現在アトピーになっているのかという事を知った上で
アトピー対策をされる事をおすすめします。

それで正しいアトピー対策ができるようになります。

続きを読む

アトピーで良かった保湿方法

アトピーの方はやはり患部やその周辺など、場合によっては全身がかなりカサカサしてしまうのではないでしょうか。普通の人の健康な肌とは勝手が違いますか ら、しっかりとした保湿が必要になります。とはいっても、市販の化粧品などは結構刺激が強かったりして、使えないケースも少なくはありません。

処方される ビーソフテンやヒルロイド、ワセリンなどで保湿をされているという方も多いのではないでしょうか。私もそうだったのですが、市販でもっと保湿力が高くそれ でいて刺激もないものを見つけ、それに変えてから乾燥が少し良くなってくれました。

実はワセリンなどだとそこまで保湿力は高くありませんし、量が多いと痒 くなってきたりしてあわない人も多いと思います。

今の保湿剤に満足をしているのであればそれで問題はありませんが、そうではない方はこれから紹介をするク リームを参考にしてみてください。
私が使って満足したのは、松山油脂の肌をうるおすシリーズの保湿クリームです。

このクリームは安価なのにセラミド入りで、余計な成分や刺激になるものが 入っておらず肌に優しいです。

アトピー肌は本当にセラミド不足なので、クリームでそれを補えるのはとても嬉しいポイントです。気になる方は試してみてくだ さい。

続きを読む